進学や就職を機に親元から独立するという人は多い事でしょう。でも、それまで家で親のもとで生活していた時とは違い、独立した生活を送るのはとても大変なものです。朝いくら遅くまで寝ていてもだらしなくしていても親からお小言を言われることもなく、思う存分羽を伸ばせるなんて思っていると、実は物理的にも金銭的にも結構大変なことに気付くのにそれほど時間はかかりません。そこで少しでも金銭的な負担を軽くするためにルームシェアなどによって共同生活を送ることも視野に入れるようになります。でも、これまでは家族という、自分にとって多くの場合甘えのきく団体の中の一員だったのに、たとえ友人や恋人だとしてもいわば赤の他人との生活です。

しかもそれまでの生活習慣やこだわりなど人それぞれに異なるバックグラウンドを持っているものなので、家族で生活していた時のようなわがままは通用しません。もちろん悪い事ばかりではなく、生活を共にすることでより深いきずなが生まれることも考えられるし、価値観の違う人同士が集まるからこそ得られる貴重な体験ができるのも共同生活の大きな魅力です。家族という狭い小さな社会から飛び出し、様々な経験を積む中でタフな心を身に着ける絶好のチャンスだとも言えます。これまでの常識が通用せずナーバスになってしまうことがあってもむしろ当然くらいに考えて、いろんなことを吸収するつもりで共同生活にトライしてみるのもおすすめです。時には泣きたくなるようなことがあっても、必ず自分に何かを残してくれる貴重な体験になることでしょう。