共同生活を送る上で最も大切なのがお金の管理です。食費、光熱費、日用雑貨の代金、そして家賃など、生活していく中では様々なお金が必要です、費用が必要なものに関してはお互いに細かなルール作りが必要になります。基本的にすべての費用をワリカンにするという場合でも、たとえばお風呂でのシャワーの使い方があまりにも無駄が多いなど、細かなことが何かとトラブルを生みやすくなるものです。お互いに食事は自分で買ってきて自分で作るというルールにする場合は、それぞれの持ち物を自分の勝手なルールで過大解釈して都合よく利用してしまったりといった自己中心的な考えも当然よくありません。

共同生活を始めてすぐのタイミングであまりにも細かいことをきっちりと決めてしまうのは難しいかもしれませんが、ある程度サイクルがわかってくれば費用の目安も立てやすくなります。どちらか片方が二人のお金を預かって管理するという場合でも、何にいくら使ったかということはお互いに分かるようにきちんと管理することがポイントです。お金の管理に関してはどんな方法が自分たちの生活のスタイルに合っているのかを見極め、お互いに納得できる方法を見つけるようにすることが大切です。